就活する学生の皆様へ

内定はゴールではなく夢への第一歩です。

私たちは、就職支援事業を通じて学生の志を引き出し、日本を変える原動力となる「志事(しごと)」のできる人材を輩出します。

【西南学院大学】内定先:JFE商事株式会社

取材 松枝美華 社団法人学生就職支援協会 就勝ゼミナールにて

商社を受けようと思った理由を教えてください。

内定先は、JFE商事株式会社です。業界としては、商社です。
今までの人生でいろんなことにチャレンジしてきたので、仕事でも色々なことにチャレンジして視野を広げていきたいと思いました。 商社であれば海外にも行けて、様々なものを扱うからいいと思いました。

複数ある企業から何でその企業を選んだんですか?

「人の雰囲気がいい」「若手から研修で海外に行くことができる」「海外の進出が早くできる」の3つです。
ほかの会社は8年後に海外に行けるかもって言われて、そんなに待てないですし、20代のうちに海外に進出したいと思いました。
あと、将来は会社を立ち上げたいと考えています。
「クボタ商事」という会社を作りたかったのですが、すでに存在していたので乗っ取る予定です(笑)。
海外に出て、現場で経営も学べるので、今の企業を選びました。

就活全体の感想を教えてください。

楽しかったです。
最初は何から手を出せばいいかわからなかったので、さまざまな業界を調べました。
広告や食品メーカーにも手を出しました。
でも、初めて知る仕事など新しい事を知ることが面白かったです。 
説明会の中では、「仕事の内容」や「人事の方の雰囲気」を見ていました。

就勝ゼミナールに入会したのはいつ頃ですか?

3年生の3月からです。  それまでの就活は、先輩からいろんな話を聞いていましたが、先輩も卒業するし、卒業したあとは仕事でエントリーシート見てもらえなくなるし、エントリーシートの書き方や添削をしてもらえる人がほしかったんです。
だから、自分で検索をして入会しました。

就勝ゼミナールに入会してみてどうでしたか?

授業を受けることでエントリーシートの書き方が少しずつわかってきました。
授業で学んだことで安心と自信を得ることができましたね。

就活で苦しかったことや大変だったことはありますか?

最初は、食品メーカーに興味があったのですが、まったく受からなくて断念をしました。
でも、つらいことはなく、楽しかったです。
選考に合格できた時には、企業から認められたと実感できましたし、
もし落ちてもマイナスに考えず、まだ、自分が認めてもらっていない、もっと練習しようと思えました。

就勝ゼミナールはどういうときに利用しましたか?

就活でわからないことがあったときには、すぐに聞きに来ました。
最初は、自分で1、2時間程度考えますが、わからなかったら聞きに来るようにしていました。

その「分からないこと」は就勝ゼミナールで解決できましたか?

就勝ゼミナールにいた、先輩の話や先生たちの知識を聞いて解決できました。
エントリーシートについて、自分が疑問に思ったことや、面接の中で出てきた疑問などを聞いていました。

これから就活をしていく方にメッセージをお願いします。

内定をもらう前に、将来どういう風に生活するかをしっかり考え、 理想の仕事や自分の価値観をしっかり考えてから受けたい企業を決めるといいと思います。

あとは、企業の選考は早めから動くので、就活生も早めに動きだしておくと良いと思います。
それから、自分の強みを理解しておいたほうがいいです。
自分の強みがわかっていない人ほど早くから動いてほしいと思っています。