就活する学生の皆様へ

内定はゴールではなく夢への第一歩です。

私たちは、就職支援事業を通じて学生の志を引き出し、日本を変える原動力となる「志事(しごと)」のできる人材を輩出します。

園田大志

【福岡大学】内定先:NTTビジネスソリューション株式会社

取材 松枝美華 ネオクラブ 旅のオアシスにて

内定先となぜその企業(業界)を目指したのかを教えてください

内定先は「NTTビジネスソリューション株式会社」です。
業界は「IT業界」になります。昔から写真が好きで、映像を作ったりしていました。その中で作る過程には、限界がないなって感じて、それがとても好きでした。限界がないからこそ、自分でやったぶんだけ自分のやりたいことが表現できます。それが魅力で、もともと広告業界に興味を持ちました。
でも広告業界を目指す中で、ソフトウエアであれば自分の発想次第でどこでも使えると考えて、表現の仕方を広告だけに限定しないIT業界も選びました。

IT業界はたくさんありますが、その中でもなぜNTTソリューションに決めたのですか?

広告業界とIT業界を併せて全部で8社の内定を頂きました。でも、「やりがい」を求めて目指していた広告業界の第一志望群に落ちてしまって。
その時にもう一度、自分が大切にしてきた「柱」って何かなって、考え直したんです。そしたら、「家族」だなって思いました。

僕の父の企業は安定をしていました。転職もなかったし。幼いころ、土日には父が家にいて一緒に遊んでいた記憶があります。だから、僕も将来は家族との時間に重きを置きたいと考えました。今の内定先に決めたのは、そのワークライフバランスが一番とれる企業だと考えたからです。

もし、広告業界の第一志望の企業に内定をいただいていたら、「ワークライフバランス」よりも「やりがい」を選んでいたと思います。

就職活動を振り返っての感想を教えてください。

本当に楽しかったです。夢中になりました。
就活は、一番形に残るものだし、将来を考えるもので、いい経験でした。企業の選考を進んでいくことは、社会に認められているようで嬉しかったし、面白かったです。選考に落ちたときは、「あんなにうまく喋ったのに、何で落ちたんだ!!」って本当に悔しく思っていました。

それから、就活の仲間に出会えたのは良かったです。大学での友達は、どちらかというと世間話ばかりというか、ばかばかしい話が多いんですが、就勝ゼミナールで出会った友達は、何らかの夢を持っている人が多いから、夢の話だったり、今後のことだったりを具体的に話が出来たのは、大きかったです。就活を通して、同じ業界を目指す、同じ志を持つ人たちに出会えたのは、面白かったし、幅が広がりました。

就勝ゼミナールを知ったきっかけと入会の決め手を教えてください

僕の友人が、就勝ゼミナールを運営している一般社団法人 学生就職支援協会にインターンシップに行ったことがきっかけです。
僕がちょうど「本気で就活に向き合わないといけないな」って考えていた頃に、友人がインターンシップに参加をしていて、就勝ゼミナールのことを知って、ちょうどいい機会だし、いろいろ話を聞いてみようかなって思って、いくつかの就活塾についても調べてみました。
決め手になったことは、立地です。
教室がほぼ毎日開いていて、就活の拠点になるところがいいなって思いました。

僕自身、外にいないと勉強が出来ないタイプなので、毎日ゼミに行けて、自習が出来る点が良かったです。
それから、他の就活塾は、講師の日程に合わせて授業を受ける必要がありましたが、就勝ゼミナールでは、自分達で授業の時間割を選べるということが良かったです。それから、就勝ゼミナールを運営しているところが、「一般社団法人 学生就職支援協会」ということも安心でした。

早めに就活をスタートさせて、良かったと思える点はありますか?

僕は就勝ゼミナールに、3年生の10月1日に入会をしました。実は、12月になるまで、気が向いたときにしかゼミには行っていません。でも、
就活ってこんなムードなんだって知れたのは良かったです。それから、就活の前にゼミで友達が出来たのは良かったです。

就職活動で一番苦労したことを教えてください。

最初に苦労したことは、エントリーシートです。
僕は文章を書くことが苦手なので、それが一番苦労しました。エントリーシートを添削してもらうために、文章を書きあげるというのが相当大変でした。しゃべることは好きなんですが、それを文字にして、相手にわかり易く伝える技法というか、どう書けばいいのか、その書き方も分からないし、内容もそんなにないって思っていたので、苦労をしました。

その苦労をどうやって就勝ゼミナールで解決をしましたか?

講師の先生たちにつきっきりでした。
文章を書いたら添削に出して、添削をしてもらったら書き直して、また添削に出して。あとは、ゼミにいる友達に「どんな感じで書いているの?」って教えてもらったりしていました。その繰り返しで、自分なりに改善されました。

就勝ゼミナールを利用した感想を教えてください

一人ひとりをすごく見てくれていると思います。
それぞれの性格や細かいところまで見て、その人にあった対応が大きいなと思います。大学は、僕たちの性格まで知らないので、例えば、自己PRを添削されたとしても、その人の強みまでは引き出してもらえないと思います。

だけど、就勝ゼミナールでは、私生活の部分まで見てくれていて、アドバイスをもらえます。面接のアドバイスも、ゼミ生一人ひとりにあったアドバイスで、いいなって思って受けていました。

それから、就勝ゼミナールは僕にとっては、基本的にリラックスの場所だと思っています。だから就活の後半は切り替えの場所だと思って行っていました。自習室では、就活をしている人もいれば、就活に関係ない話をしている人もいるし、そのバランスが良かったですね。
ゼミで友達と話をしたり、真面目になろうと思えば、真面目にもやれるし。面接前には、気合を入れに行きましたし、面接が終わって疲れたと思えば行きました。僕は一人暮らしなので、お弁当を買ってゼミで食べていました。

最後にこれから就活を始める人に何かメッセージをお願いします。

実は僕は、就勝ゼミナールにはすごく反対でした。型にはまった就活をしたくないって思っていたんです。でも、実際に12月に就活が始まってみたら、やっぱり就勝ゼミナールがあって良かった、ここを選んで良かったって思いました。最初から物事を否定的に考えるのではなく、まずは受け入れてみてもらいたいなって思います。
 
僕は、就勝ゼミナールの「内定の近道 無料セミナー」に行って考え方が変わりました。ある程度の基礎と言う段階は固めておかないと、基礎を知っての応用だし、いきなりそこを否定して考えていたら、結局、応用を必要とする企業も受からないと考えました。
だから、就勝ゼミナールに入会して、ある程度、自分の基礎を固めようと思いました。就勝ゼミナールには、入会しなくてもいいので、この場の雰囲気だけでも味わってもらいたいと思います。
ぜひ、無料体験にだけでも来てもらいたいです。

 
それから、今しか出来ない学生生活を送ってもらいたいと思います。それが、自己PRのエピソードにもつながるし、頑張ってきたことにもなるからです。大学生活、何もしていないっていう人は、何か今のうちに出来ること、アルバイトでもイベントでもいいので参加をしてほしい。就職活動をゴールに考えるのではなくて、その先にあるものを考えて欲しいです。

今出来るもの、学生のうちにしか出来ないことをやって社会に出て欲しい。何もしないで、大学行って家に帰って寝ているだけとか、というのは、本当に勿体ないって思います。今しかできないことをやってほしいです。 本日はありがとうございました。